栗林良吏(2018卒) プロ初登板・初セーブ


野球部OBの栗林良吏(2018卒)がプロ初登板で初セーブをマークした。

 

3点リードの9回に登板。

150キロの直球と得意の落ちる球で先頭の京田を二ゴロ、木下拓は1球で投ゴロに。

根尾にはフォークボールで三振に。

「緊張はあったけど、いい結果が出て良かった」。

球団では03年の永川(現投手コーチ)以来となる初登板初セーブを

「記録に並べたことはすごくうれしい」とかみしめた。

 

詳しくはこちらをご覧ください